嫌いな人のテキストは掴む気が起きないんですよね

今回、大概芥川賞や直木賞受賞の図書を読んでいるのですが、それは著者のことを知らないからであって、又吉さんのようにわかる人のは掴む意思が起きないんですよね、なぜか。多分亭主のことがどっちかっていうと好きでないからなのもありますね。だから有名な著者の図書はひと度読まないですね。何だかよむ意思が起きません。だから火花もライブラリーで借りては見たけど、あっという間に読みやめましたね。単純につまらなかったからですが。わたくし、チャットがどんどん結び付くのが好きなんです。からっきしこれのようにとかそんな意味の思い付か中身で作ったのって嫌いなんですよね。村上春樹さんのなんて素晴らしい比喩ですよ。ああいうの駄目ですね。一方、曲となるとそれぞれですね。大嫌いな歌手でも歌はそれぞれですね。ボーカリストなんて嫌いなやつばかりだけど、その人が歌う曲は聴きますね。不思議ですね。図書は嫌いな人のはよむ意思が全く打ち切るのに、曲は聴く。なぜか好きな曲は自身外見もパーソナリティーも嫌いなんですよね。キレイモ パックプラン