諸行無常、年の瀬の己の愚行、ここに極まれり

真っ暗を抜けて地下鉄が地上へと戻ってきたのとほとんど共々僕は静かに目線を開いた。
そこには依然少しだけ負い目が残っている
ほんの一寸、それも一秒足らずのスナップの頭数フレーム、一秒以下にかけだけ、ロマンスとしてのN・Aを意識してしまった。
お互いに毅然たる建前を持って牽制し合い、最後までやり方をふれることはなかった。
「N、許せ」
ターゲットを踏み、クラスを走り抜け下り、僕は雑念を拭い去るべく主人が控えるはずの家屋まで疾走した。
プレッシャーといった乳酸に規制されたボディひとつで、僕は願わくは家屋まで行きつく。
ハンドルを回すって出入り口はきっちりと施錠されていた。
メーターは回っていない。
これはもぬけの殻という人だろうか。それも、無論と言えば当然の報いです。
こういう年末に旦那を取り残して、やり場のない懸念から街路へとひとり繰り出し、挙句の果てには学生時代の旦那と一瞬の蜜月を——。
集大成は他でも弱い、自分が腹黒い。自業自得以外の何物でもなかった。キレイモ 月額制