状況まん中と酸素中での燃焼の考察などについて

燃焼などについて受講をしました。大きく情熱や輝きを出しながら生ずる酸素との合体(酸化)を燃焼といいます。集考えびんの中でエタノールを燃やします。石灰水のマッチは、二酸化炭素ができます。塩化コバルトペーパーのマッチは、水ができます。感じ中よりも酸素間のほうが、凄まじく燃焼する。スチールウール(鉄)でやれるものは、酸化鉄ができます。マグネシウムでもらえるものは、酸化マグネシウムができます。木炭(炭素)でやれるものは、二酸化炭素ができます。硫黄で行えるものは、二酸化硫黄ができます。瓦斯が発生しないマッチと発生するマッチがあります。燃焼によって見込めるものは、酸素と結びついた分だけ元凶のものより重くなります。鉄のこと、減らすと感じ間の酸素と結びついて酸化鉄ができます。燃焼後は合体した酸素の分だけ重くなります。燃焼によって行えるものが感じ中に止めるので、元凶のものより軽くなります。知らないことを受講できて良かったと思います。キレイモ 無料